What's "RoboRAVE?" RoboRAVEとは

R(obots)

A(re)

V(ery)

E(ducational)

"Today's Play, Tomorrow's Pay."(今日の遊び、明日への学び)をモットーとするこの活動は、2001年より続くアメリカ発信のロボットを使った教育プログラムです。RoboRAVEは小学校3年生~高校生までを対象とし、コンピュータを使ったプログラミング学習やロボット制御の体験を通して、科学とモノづくりへの興味・関心を高め、創造力や柔軟な思考力を育むことを目的としています。
RAVEとはRobots Are Very Educationalの頭字語です。

米国ニューメキシコ州のアルバカーキでは、毎年5月始めに約10カ国、延べ3,000人以上が参加する世界大会が行われます。また、メキシコ、コロンビア、中国などでも各国のロボレーブ委員会が世界大会を催し、世界の科学教育と国際交流の発展に活躍しています。

米国は、現代より科学が大きく発達した20年後の世界を見据え、その時に必ず不足するとされる科学者の育成に力を入れています。RoboRAVEはその科学者育成教育(STEMプロジェクト: enhance Science, Technology, Engineering and Math)の一つとして米国国務省にも認められ、世界の科学教育の発展の一翼を担っています。